学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 二十歳の集い

2023.01.06
二十歳の集い
1月4日、午後1時より本校礼拝堂にて2021年度卒業生の「二十歳の集い」が行われました。

本校では毎年この時期に「成人式」を行っていましたが、成人年齢が引き下げられたため名称を変え、今年もコロナ禍ではありますが、無事に開催することができました。
艶やかな振り袖姿に身を包み、待ちきれずに早くから学校に集まった卒業生たちは、懐かしい友人との再会に歓喜の声を上げ、お互いに近況報告をしあっていました。
最初に記念礼拝が行われました。いざ礼拝が始まると、身を引き締めて真剣な表情を見せる姿勢は以前と変わりません。
本校の卒業生でもある武井先生の奨励では、最初に「おかえりなさい」と声がかけられ、『隣人を自分のように愛しなさい』という学院聖句は、中学生・高校生の時と多くの事を経験してきた今聞くのとでは、感じることや考えることが違っていてほしいと思います。母校はたとえ世の中が変わってもずっと見守って支えて、祈りを続けていく存在です。と、お話がありました。
式典では校長先生から、人として成長して大人になることは、確かに知識や経験を積み重ねていくことです。しかしそれは自分のためである前に、互いを思いやり分かち合うためです。それが生きる喜びと感謝につながります。と、お話がありました。

◆校長室だより:「二十歳の集い」式辞 “ 分かち合う喜び
続いて、各クラスの代表者からはそれぞれに現在活躍している様子や心境が伝えられました。皆が同じように感じているのは、英和で培ったすべてのことが、今の生活の礎となっていること。一人暮らしをしてわかった親のありがたみ。親身になって進路を考えてくれ卒業してからも笑顔で迎えてくれる先生方。すべての人に感謝を伝え恩返しするために、社会に貢献できる人になりたいという気持ちでした。
二十歳を迎えられた皆様、おめでとうございます。この式の開催にあたっては、同窓会の方々にも多くのご協力をいただきました。ありがとうございました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ