学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 全校修養会

2021.11.24
全校修養会
11月19日に「全校修養会」を行いました。例年では牧師先生方を本校にお迎えし、クラスごとに「牧師と共に」という時間を持つのですが、昨年度と同様に新型コロナウィルス感染防止に配慮して中止となり、プログラムを変更して実施しました。
今年は、一番町教会の松木田 優先生を講師にお迎えし、①私たちは神様を知らない ②私たちが思い描く願いはいつもどこか的外れ ③神様の提案 ④聖書が聖書であるために、の4つの項目について講演が行われました。

私たちは知らないものを信じることはできない。人は正しいことより自分が信じたい事を信じる傾向にあり、願っても叶わなかったこともそれは良い方向に行くように神様が提案してくれている。神様を信じるということは、存在を信じるという事ではなく、神様のアドバイスなら大丈夫だと信じる事で、その正しい判断を得るためには聖書を読まなくてはならない。聖書をただ持ち運ぶだけの荷物にしないでください。と、お話がありました。
午後からのワークの時間では、毎年様々な贈り物を制作しています。
今年は、中1はクリスマスカード、中2~高2はぞうきんを施設の方々に向けて。高3は来年の春に入学してくる1年生のために聖書・讃美歌カバーを心を込めて作りました。また各クラスの宗教委員は教室や校内に飾るアドベントリースを作りました。
これらのワークタイムを通して感謝の気持ちを抱くとともに、自分を見つめなおして心を整える時間としています。
閉会礼拝の奨励では宗教部の武井先生より、今日一日の中で得たものを心に留めて、また明日から自分自身の成長のために共にがんばって行きたいと思います。と、お話がありました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ