お知らせ

HOME > 学校からのお知らせ一覧 > 静岡初! 2018年度中学入試で英語入試導入

2017.06.15 お知らせ
静岡初! 2018年度中学入試で英語入試導入
静岡英和女学院中学校では、2018年度入試から従来の「国語、算数型試験」に加え、選択制で「国語、算数・英語型試験」を導入します。静岡県の私立中学校の入試においては、初めての試みとなります。

本校では「英語の英和」といわれ、英語教育には定評を博してまいりました。大学入試に対応した筆記試験の学習のみではなく、実践力を習得するために話せる英語力の育成に重点を置いています。全員参加型の語学研修やスタディーツアーを実施し、短期・長期の充実した留学制度を数種用意しグローバル教育の充実に努めております。

2020年度から大学入試の英語試験に民間の試験が導入され「読む、書く、聞く」の3技能に加え「話す」を加えた4技能を測定する試験に移行していくこととなります。さらに、2018年度より小学校の5年、6年で英語の教科化が一部試行的に前倒しされることが予想され、英会話スクール等へ通塾する小学生の数が増えています。こうした社会背景を受け、本校は2018年度中学校入試に英語を先取りして取り入れることにしました。
詳しくは今後のイベントや入試説明会にてお知らせいたしますので、興味のある方は是非ご参加ください。
6月21日(水)9:00~11:00には授業見学と共に英語塾対象説明会を開催しますが、一般の方どなたでも参加できます。希望者は担当者にご連絡ください。
(電話:054-254-7401 担当者:広報部長 桐原健一)

2018年度の入試イメージを一覧にしたチラシ(PDFファイル)
※ 6月17日(土)の静岡新聞に記事が掲載されました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ