学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 静岡市立森下小学校5年生が学校訪問

2018.01.26
静岡市立森下小学校5年生が学校訪問
1月18日(木)森下小学校の5年児童50名と先生2名が、本校を訪問しました。目的はヴォーリズ建築の見学です。森下小学校は現在の新校舎ができる前、本校と同じヴォーリズによる校舎を使っていたとのことで、ヴォーリズやその建築についての自由研究をされているようです。
本校到着後、礼拝堂で音楽の福井教諭によるパイプオルガンの説明と演奏を聴いていただき、「ヴォーリズ建築と静岡英和女学院」というテーマでウィリアム・メレル・ヴォーリズとその建築の特徴などの説明をスライドを使いながら聴いていただきました。その後、図書室と中庭を見学してもらいました。児童の皆さんは珍しい他校の様子に、興味津々といった表情で楽しそうに英和の雰囲気を味わってくれました。

英和でのツアーを終え、旧宣教師館に向かい現存するヴォーリズの民間建築を見学されました。実際に建物の中に入り住んでいる方の話を聞き、実際に自分の目で見て確かめた体験は、記憶に残るものとなり将来への糧となったことと思います。

当日本校を訪問した森下小学校の児童のみなさんが、感想を送ってくれたのでご紹介します。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ