学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 中3 静大出前授業

2017.07.15
中3 静大出前授業
7月11日(火)の英和学の時間に、静岡大学の先生による出前授業が中学3年生に対して行われました。これは「リケしず(理系女子夢みっけ☆応援プロジェクトinしずおか)」という企画で、女子中高生の理系進路選択を支援するプログラムです。理系学習の面白さを知らせる目的で理系離れを食い止める目的で行われたものです。

建学の精神である「愛と奉仕」を学んでいる本校では、「人と関わる職業」を志望する生徒が多くいるため、社会や人々の暮らしに密着した科学技術や発明を紹介するテーマで授業を用意していただきました。講師は静岡大学、情報学部助教授の石川翔吾先生で「人と関わる職業で活用されるIT技術 事例:認知症ケア 認知症×情報学」というテーマで授業をしていただきました。
授業では「情報学」と「コミュニケーション能力」についての全体像と関わりが示された後、「情報技術」を「認知症のケア」にどう応用していくかが、実際の患者さんとの関わり方の映像を交えて示されました。「情報学」と「IT技術」を駆使して患者へのケア技術を分析し、より効果的なコミュニケーション能力を得るための方法が示されました。

今後ますます医療の現場で期待されるケア技術と科学技術を融合した最先端の取り組み事例を学びました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ