学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 留学生便り2月

2017.03.10
留学生便り2月
カナダの姉妹校「バルモラル・ホール・スクール」に留学中の、高2の小杉さんより届いた留学報告を掲載します。月1回のペースで現地よりお便りが届きますので、お楽しみに♪
こんにちは。2月のカナダでの生活を報告させていただきます。

今月は、様々な行事がありました。

まず最初に、第二弾として、中国人の友達と夕飯を食べに行きました。前回、中国料理を食べに行ったので、今回は、日本食を食べに行きました。 IGIと言うレストランで、メインは韓国料理の焼き肉ですが、他にも、天ぷらやたこ焼き、お寿司などの日本食も豊富で、とても美味しく、幸せなひと時でした。中国の子たちも、おいしいと言って食べてくれたので、よかったです。
また、日本と中国は、様々な問題でお互いに揉めている事もありますが、こうして一緒にご飯を食べに行く程までに仲良くなる事ができ、日本に遊びに行きたいと言ってくれると、とても嬉しくなります。
翌日にはスケートに行きました。普通のスケートはスケートリンクの上で滑りますが、今回私がスケートをしたのは、川の上でした。バルモラルホールスクールのすぐ裏に、とても長い、レッドリバーという川があり、この川は冬になると凍るので滑ることができます。川が凍る前から、現地の人たちに、冬になったらこの川でスケートができるよと言われていて、長い間楽しみにしていたので、やっと滑ることができ、とても楽しかったです。スケートリンクの上でスケートをしたことはありましたが、川の上で滑ったことは今まで一度もなかったので、また新しい経験ができてよかったです。
また、今月は私の誕生日だったのですが、同じ寮に住んでる友達が、お祝いをしてくれました。私に気付かれないようにケーキやプレゼントを用意してくれていて、いきなりある部屋に呼ばれ、サプライズで祝ってくれたので、とても驚きました。また、学校でもたくさんの人がおめでとうと言ってくれたり、授業でバースデーソングを歌ってくれたり、さらに、日本にいる友達、英和の友達など、多くの人たちから祝ってもらうことができました。 留学中に、まさかこんなにもたくさんの人から祝福されるとは思っていなかったので、とても嬉しく、私は幸せ者だと、心から思いました。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして3月の終わりには春休みが始まり、ホームステイをしながらまた語学学校に通います。
冬休みとは違うホストファミリーですが、子供たちや犬がいる家庭なので、今からとても楽しみです。
小杉 雅


★ 留学生便りバックナンバー 9月10月11月12月1月

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ