学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > クリスマスを待ち望んで

2022.11.29
クリスマスを待ち望んで
今年は11月27日の日曜日からアドベント(Advent) に入りました。11月30日に一番近い日曜日から、12月25日のクリスマス前の期間を「待降節」または「アドベント」といいます。アドベントはラテン語から来ていて「到来」を意味する言葉です。この期間は主イエス・キリストの降誕を待ち望み、クリスマスツリーを飾ったりカードを送るなどの準備をして過ごします。

11月29日 朝の礼拝奨励 “神様の恵み”
本校の礼拝堂にも、週明けからアドベントキャンドルが灯されました。5本のキャンドルを立て順番に火を灯していくというもので、第1週目には1本目、第2週目には1本目と2本目、第3週には1本目から3本目と増やしていき、クリスマスの日には真ん中のキャンドルに点火します。
11月25日に行われた「創立記念礼拝」の後、宗教委員の生徒たちが心を込めて制作したアドベントリースは、各クラスの教室の前に掛けられています。また、今年もPTAの皆さまが正面玄関や礼拝堂前などに、クリスマスイルミネーションの飾りつけを行ってくださり、校内はクリスマスムードいっぱいになっています。いつもご協力いただき、ありがとうございます。
放課後になるとハンドベルの音色が校内に響いています。ハンドベルクワイアはクリスマスの時期、教会やホテル、ショッピングモールなどで開催されるイベントに出演し演奏を行っています。ご都合が合いましたら足をお運びください。応援よろしくお願いします。
ハンドベルクワイア出演イベント情報

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ