学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 高3修養会

2022.03.25
高3修養会
英和では高校3年生を前に、①最終学年を意識し、②これからどう生きていくかを考える。③そして、そこに神の存在を思う。を目的として修養会を行います。本来は泊りがけで行う行事ですが、今年度は新型コロナ感染症の影響で学校での開催となりました。
実行委員を中心に計画を立て、主題である「生きる」について、講演や仲間の話、先生方の話に耳を傾け、今までの私とこれからの私を真剣に考えることができました。
講師として卒業生の望月麻生先生を招き、講演Ⅰではマジョリティー、マイノリティーについて考え、自分自身の価値を決めるのは自分であるということ。自分自身の価値観を大切に生きていくことについてお話をしていただきました。講演Ⅱでは、望月先生の体験から、社会には多様な人がいて、今私たちが置かれている生活は当たり前に得られるものではなく、特別なものであるということを話していただきました。
講演の後は、グループに分かれてそれぞれが感じたこと、考えたことなど思いを伝えあい、ディスカッションする時間を持ちました。生徒はそれぞれ、受験を前にした悩みや、学院での生活を振り返ってよかったこと、乗り越えてきたこと、その時はわからなかったけど今になってわかることなど、色々な話をしてお互いのことを知る機会となりました。
2日間を通して、英和女学院の最終学年を迎えるにあたり、どのようにこれからの学院生活を歩んでいくことができるのかを考え、大人に向かって進む日々を大切に過ごしていってくれると嬉しいです。高校3年生の今年の活躍にご期待ください。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ