学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 体育祭~Fly high~

2021.06.07
体育祭~Fly high~
昨年は新型コロナウィルスの影響で秋に延期となった「体育祭」ですが、今年は6月3日(木)に草薙総合運動場体育館の「このはなアリーナ」で開催しました。ただ、静岡県の警戒レベルが5であるため、昨年と同様に観覧を高校3年生の保護者のみとして、競技内容や方法も変更し定期的に換気や消毒を行うなど、感染予防対策に配慮して行われました。

本校の体育祭は、中学1年生から高校3年生まで学年対抗で競われます。学年ごとのカラーがあり、卒業してからも「自分たちの色」として大事にしていきます。6年間の学校生活で体育祭が一番記憶に残るという生徒も多い、思い入れの強いイベントです。
恒例の「長縄跳び」から競技がスタート。8の字飛びと全体飛びで回数が競われます。ジャンプするタイミングを合わせるための大きな掛け声と、縄を回す音が体育館に響きます。制限時間ギリギリまで諦めずに何度も繰り返す姿に、生徒たちの体育祭に懸ける熱意が伝わってきます。続いて行われた「台風の目」では、4人で棒を持って疾走!同じくチームワークが問われました。
まだ3つめの競技ですが、「クラス対抗リレー」では、まるでクライマックスかと思うほど熱気が高まりました。いつもなら応援席の生徒たちが力いっぱい声援を送るのですが、予防対策としてあまり大声を出さないようにし、プラカードやうちわを用意して工夫して行っていました。
リレーは何チームかに分かれて行われ、得点は1位100点、2位90点、3位80点が与えられ加算されていきます。学年対抗の体育祭ですが、必ずしも高学年が上位になるとは限りません。
白熱した後は楽しい競技でクールダウン。中2のマスゲーム「オレンジパワーで領域展開~Feel in My Body/Summer RIDER~」が行われ、笑顔で元気いっぱいに踊るダンスに観客席の先輩から「かわいい~!」の声がたくさん上がっていました。
午前の最後には「学年応援披露」が行われました。学年ごとに体育祭にかける意気込みを歌やダンスなどでアピールし、他の学年にエールを贈り合います。これは普段面と向かって言えない思いを伝える機会でもあり、先輩には尊敬や憧れ、可愛い後輩へは心からの応援、これが最後の体育祭となる高3は、先生方への感謝を心のこもった替え歌で伝えました。
またサプライズで同級生にもメッセージが贈られました。「振り返れば数え切れない思い出があふれ出してくる。誰にも見えないところで頑張ってくれてありがとう。とたえ何があってもこんなに大切な仲間と笑い合えたこと忘れないよ。ありがとう」
昼休み前に得点の中間発表!なんと中3、高1、高3が同点の350点でした。最後の体育祭に優勝を懸けた高3は後半で点差をつけたい所ですが、何やら波乱の予感。

ランチタイムには、ダンス部と新体操部によるパフォーマンスが披露され、スタンドの保護者の皆さんや生徒たちから大きな拍手が起こりました。
午後、最初の競技はヒートアップ間違いなしの「クラブ対抗リレー」です。
運動部と文化部ごとに行われ、おそろいのユニフォームやTシャツでそれぞれの部活らしさも表現していました。運動部のグループには先生チームも参戦し大健闘!第一走者として楽しそうに走る校長先生の笑顔が印象的でした。
続いて行われたのが、昨年から行われている「バーゲンセール」~EIWA EATS~何でも配達します~。中央に置かれたボールやポンポンなどの品物を走って取りに行き陣地に持ち帰る競技なのですが、まさに遠慮のない激しいバーゲンセールが繰り広げられました。

感染症予防対策としていくつかの競技は軍手を着用して行いました。また基本的にマスクを着用していますが安全を考え、走る時は必ず外し走り終わったら着けるようにしました。
続いて綱引きが行われました。力はもちろんですがクラスの団結力も試されます。姿勢を低く下げて体重をかけるテクニックは、やはり高学年の方が慣れているようですが、最初に綱を引くタイミングが遅かったり、ちょっとした気の緩みで引き戻されてしまうシーンもありました。
また、先生方と高3とのエキシビションマッチも行われ、本気を出した先生チームが見事勝利!生徒たちは「大人げな~い」と言いながらも笑顔で拍手を送っていました。
今年も玉入れの種目が2種類。助っ人として2人の先生が参加する通常の玉入れと、音楽が流れている間はダンスして止まったら走って行って玉入れををする「ダンシング玉入れ」が行われました。制限時間いっぱいまで激しく玉が飛び交い、迫力あふれる競技となりました。
最後に行われたのは学年ごとのFINALリレーです。これで結果が左右される大事な競技とあって生徒たちの興奮は最高潮に達し、保護者の皆さんも思わず立ち上がっていました。
そして総合得点の結果は・・・
2位と3位が同点770点で高2と高3、1位が820点で中3という結果でした。
生徒たちが練習を重ねて、精一杯力を出し切った体育祭が終了。希望通りの結果が出なくても、いつまでもくよくよせずに勝者に敬意を表する姿勢や、初めての体育祭で慣れない中1をサポートする優しい先輩たちの姿が今年も見られ、達成感と充実感に満ち溢れているようでした。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ