学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > イースター礼拝

2021.04.17
イースター礼拝
4月17日(土)イースター礼拝が行われました。イースターは、十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが3日後に復活したことを祝うお祭りで、日本語で復活祭とも言われます。「春分の日の後の最初の満月の、次の日曜日」と決められていて、今年は4月4日でした。本校では、毎年4月の第3土曜日にイースター礼拝を行っています。
礼拝堂の壇上にはシンボルである、「イースターバニー」や「イースターエッグ」の飾り付けがされ、かごに入った卵が置かれました。うさぎは子沢山なことから、繁栄・多産のシンボル。卵は、生命や復活を象徴するものとされています。
静岡聖ペテロ教会 宇津山牧師による「見えないのに信じる人は幸い」と題された説教では、英単語のbelieveとtrustを比較した説明があり、「信じるとはどういうことなのか」というお話がありました。
最後に、生徒たちによる献金が行われました。集められた献金は、生徒たちが訪問する社会福祉施設や、震災のための義援金・活動資金として献げさせていただいています。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ