学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > カナダ留学だより 1月 その3

2020.01.25
カナダ留学だより 1月 その3
カナダのビクトリアに1年留学している高校2年の生徒から「留学だより」が届きました。
本当はカナダに来て1ヶ月程たって落ち着いたらこのレポートを提出しようと思っていたのですがあまりの忙しさに気づけばもう2ヶ月たっていました。

私はカナダ·ビクトリアにあるSt.Andrewsという私立校に今通っています。一言で感想を言うともう本当に毎日が楽しくて楽しくて仕方ないです。来たばかりの時は日本の友達に会いたくてよく落ち込んだ気分になっていたのですが、今ではもう全くそんなことなくただただ行かせてくれた親に感謝する日々です。現地の友達や先生、ホストファミリーは話すスピードが速くついていくのに精一杯どころか多分まだ全然ついていけて無いと思うのですが、先日日本の模試や英検のリスニングを聞き直したら最後に聞いた時よりもはるかに聞き取りやすくなっていて感動しました。また、いっしょの学校に通っている留学生(中国、韓国、メキシコ、ドイツ)達は皆ずっとここに住んでいたんじゃないかと疑う位英語がペラペラで自分の英会話能力の無さを痛感する時も多々あります。それでももっと沢山の子たちとコミュニケーションを取りたくて家に帰ってからも英単語帳を見たり、YouTubeでリスニングをしたりと日本に居た時とは比べ物にならないくらい楽しく集中して毎日英語を勉強しています。良い刺激をくれる留学生の友達には本当に感謝しています。

私は今バレー部に所属していて有難いことに試合にも出させてもらっています。始めは緊張して部活の友達や監督と目を合わせて話すことさえ難しかったのですが、今では昼休みご飯をいっしょに食べたりバレーボールをしたり、見かけたら名前を呼んで走ってきてくれたりして仲良しです!本当に単純な会話しか出来ない上に学校にはもっと英語が話せる留学生もいるのに、私と仲良くしてくれる子が沢山いてもうカナダ人の暖かさにも感動しています。よくこれからもっと人に優しくしようと思ったりしています。
ビクトリアはとても綺麗な街で至る所に花が飾ってあったり歌を歌ったり毎日ディズニーランドにいるような幸せな感覚です。1日1日を大切にさらに上を目指して死なない為に死ぬ気で生きようと思います!明後日はThanks giving day(収穫祭)で美味しいものが沢山出るらしいので楽しみです!笑

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ