学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > アドベントを迎えて

2019.12.02
アドベントを迎えて
今年は12月1日の日曜日からアドベント(Advent) に入りました。アドベントという単語は「到来」を意味するラテン語Adventus(アドベントゥス)から来たもので、日本語では「待降節」や「降臨節」といい、12月25日のクリスマスの前の4週間を言います。この期間は、主イエス・キリストの降誕を待ち望み、クリスマスツリーを飾るなどの準備をして過ごします。
英和女学院の礼拝堂にも、12月2日からアドベントキャンドルが灯されました。第1週目には1本目、第2週目には1本目と2本目、第3週には1本目から3本目と順番に火を灯していくというもので、クリスマスの当日には真ん中のキャンドルに点火します。

◆校長室だより 12月2日朝の礼拝奨励「私たちと共におられる」
先日行われた全校修養会で、生徒たちが制作したアドベントリースは、各クラスの教室の入口に掛けられています。素材や大きさも様々なリースは個性的でどれも素敵です。また、イルミネーションやデコレーションが玄関や礼拝堂前などあちこちに飾られて、校内はクリスマスムードに包まれています。
12月21日(土)には本校の礼拝堂で「学校クリスマス」が行われます。どなたでも参加できますので、ぜひお友達を誘ってご来校ください。一般の部は17:00開場、 開演 17:30です。
詳しくはこちらをご覧ください。「学校クリスマス

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ