学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 花の日訪問

2019.06.17
花の日訪問
6月15日に、「花の日礼拝」が行われました。その日の午後、ハンドベル部、吹奏楽部、音楽部や、有志の生徒たちがグループごとに集められた花を持って、近隣の社会福祉施設や児童養護施設などを訪れる「花の日訪問」を行いました。
英和女学院の近くにある社旗福祉施設「ハピスポディ 和かな 西草深」にも、10人の生徒たちが訪問しました。あいさつと自己紹介した後、代表者が花束をプレゼント。「きれいね!どうもありがとう!」と、とてもあたたかい歓迎を受け、生徒たちの緊張がとけたようでした。
その後、歌を披露したり、絵本の朗読を行ったり、利用者の方々と一緒に塗り絵や折り紙をしました。作業をしながら、昔の静岡の街や学生の頃の話を聞いたり、趣味や好きな食べ物の話などについて会話を楽しみ、笑い声あふれる交流の時間となりました。

「隣人を愛せよ」Love Your Neighborを建学の精神とする英和女学院では、このような施設訪問やボランティア活動を通して、優しい、思いやりのこころを養っています。
◆ 「花の日訪問」の様子が6月16日の静岡新聞に掲載されました。
 『花で結ぶ世代間交流

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ