学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > イースター礼拝

2019.04.20
イースター礼拝
4月20日(土)イースター礼拝が行われました。イースターは、十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが3日後に復活したことを祝うお祭りで、日本語で復活祭とも言われます。「春分の日の後の最初の満月の、次の日曜日」と決められていて、今年は4月21日です。本校では、毎年4月の第3土曜日にイースター礼拝を行っています。
日本でも毎年ディズニーランドなどでイースターイベントが開催されるようになって、よく耳にするようになりました。礼拝堂の壇上にはシンボルである、「イースターバニー」や「イースターエッグ」の飾り付けがされました。うさぎは子沢山なことから、繁栄・多産のシンボル。卵は、生命や復活を象徴するものとされています。
日本基督教団 静岡教会の疋野愛子牧師の奨励では、自分がちっぽけに感じて意味のない存在に思える時があると思います。しかしイエス様が復活したように私たち皆も復活します。イースターをお祝いするというのは、私たちの為のお祝いです。私たちが神様の宝物になった日。その道が開かれた日。それがイースターです。と、お話がありました。
最後に、生徒たちによる献金が行われました。集められた献金は、生徒たちが訪問する社会福祉施設や、震災のための義援金・活動資金として献げさせていただいています。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ