学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 学校クリスマスに寄せて

2019.01.07
学校クリスマスに寄せて
12月22日に行われた「学校クリスマス」には大変多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。当日の様子をダイジェスト映像でご覧ください。



https://youtu.be/CbMcHz1qt7s
「学校クリスマス」にお越しになった皆様からの声をお伝えします。

●キリスト教信者ではありませんが、心洗われるひとときでした。「希望」を失わずに生きたいと思います。明日からまた頑張れそうです。ハレルヤすばらしかったです。ハンドベルも劇もすばらしかったです。ありがとうございました!

●毎年クリスマス礼拝を楽しみにしています。今年もこうやって英和で過ごすことができて幸せです。奉仕の心、礼儀正しい生徒さんを見ていると、英和って素敵だなと思います。英和の卒業生であることを誇りに思います。

●生徒の皆様のお心遣いとはつらつさが第一印象で飛び込んできました。

●思春期時代を6年間過ごす中で、当然生徒は楽しい思い出だけではなく辛い思いもし、時には相手にきつく対応することもあると思います。しかし、人の温かさを日々の中で感じ取り、悩みを言える環境が学校の中には昔からあると思います。伝統を大切にしつつ、新しい時代への歩みを考えていく英和にエールを送ります。

●クリスマス礼拝に何年かぶりに参加でき大変うれしく思います。若い学生の頃を思い出し、よい学生生活を過ごしていたんだと感謝の気持ちです。今日は本当にありがとうございました。これからも英和が末永く発展されますよう心より祈っております。

●他校では体験できない独自のカリキュラムがあり、自分の生き方を選択できる点が英和はよいと思います。英和に入学していなかったら大学院まで進学していませんでした。クリスマス礼拝、素晴らしかったです。ありがとうございました。

●2回目の観覧でしたが、今回も幻想的で感動しました。ろうそくの灯りが美しいですね。生徒の生歌は身ぶるいするほど素晴らしいです。家族にも伝えて見に来るよう言えばよかったと後悔しています。

●英和の良さはメソジスト系プロテスタントの理念に基づいて創立されてから130年余、志と精神を今に伝えてきた、英和に関わってこられた全ての人の気持ちにあると思うのです。英和の先生方、卒業生、そして何より在校生の方々を大切にすることの中に答えがあると信じています。

●今年も学校クリスマスに伺うことができホッとしております。在校当時を思い出すのはもちろんですが、聖句もお説教も日々の騒々しさを浄化してくださるような気がします。ひとつの不変的な概念に基づいた教育が今の時代に大切と思います。

●案内をしてくれた在校生や先生方がとてもやさしくしてくださいました。素敵なクリスマス礼拝でした。ありがとうございました。

●65年ぶりのクリスマス礼拝、大変懐かしく感動しました。また来年も元気でしたら出席させて戴こうと思います。現在81歳になりました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ