学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 学校クリスマス

2018.12.22
学校クリスマス
12月22日(土)「学校クリスマス」14:00より生徒の部、17:30より一般の部が行われました。

ハンドベルクワイアの演奏による前奏「O Come, O Come, Emmanuel」 の清らかな音色が礼拝堂に響き渡った後、招きの言葉があり、キャンドルを持った聖歌隊が讃美歌「あめにさかえ」を歌いながら、ゆっくりと礼拝堂に入場する様子は大変美しく、神聖な雰囲気に包まれました。
聖歌隊のメンバーは、11月に行われた讃美歌コンクールで各学年の1位になったクラスの生徒たちと、高校生の有志、音楽部の生徒たちで構成されています。「主が汝を祝し守り給わんこと」「Salmo 150」「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」「For the Beauty of the Earth」を賛美。練習の成果を存分に発揮し、その美しい歌声に凛とした空気が漂いました。
続いて、演劇部によるキリストの降誕劇「クリスマスの恵」が行われました。生徒たちの熱演はクリスマスの喜びを観客に伝え、厳粛な雰囲気が更に高まりました。
キャンドルサービスではハンドベルクワイアが「O Holy Night」を演奏。壇上のキャンドルから、来場者一人ひとりの持つキャンドルに炎が次々と灯されていき、礼拝堂の中があたたかな灯りで満ち溢れました。
今年は説教者にアシュラム主幹牧師の榎本 恵先生を迎え、生徒の部では「1910年のハレー彗星を見た少女」、一般の部では「ブリューゲルのベツレヘム」というタイトルでメッセージがあり、自分の人生においてどんな苦難の中にあっても、そばに寄り添い導いてくださる人がいることを忘れないでください、とお話がありました。
最後に、来場者も一緒に賛美するヘンデルの「Hallelujah・ハレルヤ」歌声は、圧倒的な迫力で礼拝堂にいるすべての人の心に響き、心地良い温かな感動の内に学校クリスマスは終了しました。お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ