学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 英和学院大学説明会

2018.12.03
英和学院大学説明会
11月27日、中学3年生の進路学習の一環で、静岡英和学院大学・静岡英和学院大学短期大学部の「大学説明会」が行われました。
最初に、英和女学院の卒業生で英和学院大学のコミュニティ福祉学科に進学した若山さんよりお話があり、保育園と幼稚園教諭の免許をとるために英和学院大学に進学。地元の大学なので時間の有効活用ができ、充実した大学生活を送っていること。先先生方が親身になってサポートしてくれ、就職がすでに決まっていることなど経験談を語ってくださいました。

次に、社会の変化による仕事への影響、求められる新しい知識を創造するスキルについて説明があり、グループごとに英和学院大学のキャッチコピーを作成しました。また、これから大学入試で求められるものについてもお話がありました。
続いて英和学院大学の説明がありました。人間社会学部の「人間社会学科」「コミュニティ福祉学科」。短期大学部の「現代コミュニケーション学科」「食物学科」のそれぞれの特徴、取得できる資格、卒業生の就職先について詳しくお話いただきました。

最後に若山さんより、将来の事を考えひとつ1つの授業を大切に学んで下さい。また友人と思い切り遊んで楽しい思い出をたくさん作ってください。英和でできた友達は大学に行っても社会に出てもつながりのあるかけがえのない大切な友達となります。とメッセージが贈られました。
◆ 生徒の感想

●英和学院大学では、それぞれの進みにあった学習ができることを知りました。大学というのは中学校とは違い、自分で教科を選択できることから、とても自由でのびのびしていると感じました。また、就職率も90%強で将来的にも安心だと思いました。1つの学校にとらわれず、広い視野で志望校を決めたいです。

●今までの大学調べては大学の種類しか学んでこなかったけれど、大学で学ぶことのや学部などのくわしい内容まで知ることができました。大学の種類だけでなく、大学の学びまで、もっとくわしく調べたり、聞いたりしていきたいです。

●自分のレベルにあった授業を受けることができる所がいいなと思います。大学では自分で問題を作り自分で答えをつくり出すことが基本になるそうです。1年の間は色々な科目を幅広く学ぶことができ、2年になったら自分が学びたい希望の科目を選択できるのもいいなと思いました。

●地元の大学だと勉強やバイトなどが両立しやすいことがわかったので、地元の大学へ行くことも考えてみたい。人間社会学部に興味を持ったので少し調べてみようと思いました。検定は漢字や英語以外にもたくさんの種類があることがわかったので、何か挑戦してみたいです。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ