学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 「英和生の海外協力」ネパールの子どもたちに文房具をプレゼント!

2018.07.31
「英和生の海外協力」ネパールの子どもたちに文房具をプレゼント!
7月9日の朝の礼拝で、YWCA部が全校生徒に文房具と歯ブラシセットの寄付を呼びかけました。文房具を購入することが困難なネパールの子どもたちに、家で眠っている文房具を贈る計画です。毎年ネパールを訪れ、学習・医療支援を継続している日本人のボランティアの方に現地に持参していただきます。医療支援では、歯ブラシの購入が困難な方々にホテルなどでもらった未使用の歯ブラシが配られます。
廊下に箱を設置しましたが、2日目で箱があふれてしまい、慌てて箱を2つ追加しました。わずか2週間で、歯ブラシ55セット、ノート101冊、下敷き33枚、ペン256本、鉛筆キャップ130個、鉛筆は800本以上などが寄せられました!
世界の困難な状況を礼拝の話し等を通して常に学んでいる英和生、「自分を愛するように、あなたの隣人を愛しなさい。」という聖書の黄金律を校内外で実践している英和生にとって、切実な状況にある海外の「隣人」とつながる方法として「これなら中高生の私たちもできる!」と、多くの生徒が驚くほど積極的に協力してくれました。英和が建学以来大切にしている隣人愛の精神が、また新しく小さな実を結ぼうとしています。

日本のノートを受け取ると、すべてのページを最後まで開いて見て、その白さに感動するそうです。机は無い事も多く、あってもでこぼこで、下敷きは貴重です。子どもたちが日本の文房具を手にして、がんばって勉強しようと思ってくれたら、素晴らしいと思います。

文化祭後の9月11日、日本人のボランティアの方が現地に向かいます。今回は特に衛生状態にも課題の多い地域に入る予定ですので、無事に帰国されるよう祈りたいと思います。帰国後、礼拝で現地の報告を聞きたいと思います。
YWCA部のメンバー
ペンはしっかり書けることを1本ずつ確認しました。
生徒の温かい心がいっぱい詰まった贈り物です。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ