学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 1年留学便り 6月

2018.07.23
1年留学便り 6月
カナダ、ヴィクトリアにある、セント・アンドリュース・リージョナル高校(St. Andrew's Regional High School)に留学している高校2年の生徒から届いた便りを紹介します。
6月のカナダでの生活を報告します。
今月は1年を締めくくる大きなテストがありました。私は数学のテストを受けました。頻繁に大きなテストがない分、範囲が広くてとても大変でしたが、自分が思っていたよりできたのでよかったです。またカナダは日本と比べるとテスト形式が少し違います。それを体験できたことは、私にとってとても良い経験になりました。
中旬に私の仲の良い友達が韓国に帰ってしまうので昼間は一緒にお出かけをして、夜はみんなでパーティーをしました。夕飯はみんなで一緒に作りました。ワイワイしながら楽しく作った夕飯は格別に美味しかったです。そのあとは、みんなでカードゲームをしてとても盛り上がりました。素敵な友達と素敵な時間を過ごすことができてよかったです。
7月1日はカナダデイでした。カナダデイはカナダの建国記念日です。カナダを表すために服装には赤か白を取り入れて参加します。屋台がたくさん並び、ステージもあり、州議事堂の前はたくさんの人で溢れかえっていました。私はビクトリアで出会った日本人の友達と一緒に参加しました。天気が良くてとても暑い日でしたが、楽しすぎてすっかり暑さのことを忘れていました。夜には花火が上がりました。インナーハーバーから見る花火はとても綺麗でした。カナダデイを体験できてとても良かったです。
また私はホストマザーといろいろなところへ出かけました。日頃からよく一緒にお出かけをしていて、私はホストマザーと一緒に出かけるのが大好きです。でも、これもあともう少しするとできないんだと思うと、悲しくて帰りたくないというと気持ちでいっぱいでした。私はホストマザーに感謝の気持ちを込めて手作りの扇子を贈りました。とっても喜んでもらえて嬉しかったです。
これでカナダ留学のレポートは最後になります。この約一年間、辛かったこともありますが、それ以上に夢のような素晴らしい体験ができました。この留学で得た素敵な出会いや多くの学びや発見は私の一生の宝物です。このような留学の機会を与えてくれた、先生方や家族に感謝しています。これらの経験を糧にして、これからもっと頑張っていきたいです。

杉山笑理
◆バックナンバー 1年留学便り 9月10月11月12月1月2月3月4月5月

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ