学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 高校1年生 ミュシャ展見学

2018.07.11
高校1年生 ミュシャ展見学
高校1年生の美術選択の生徒が、静岡市美術館で開催されている「ミュシャ展-運命の女たち-」を見学しました。

展示を観る前に学芸員の方から、ミュシャの人生や作風、19~20世紀のヨーロッパの国々や文化の様子、絵画やデザインの技法などについて解説を聞きました。

ミュシャが母国チェコスロヴァキアを大切に思っていたこと、社会進出を始めたパリの女性たちがミュシャのデザインを支持したこと、ポスター作品が特に人気だったため「剥がし屋」と呼ばれるポスター泥棒を生業にする人たちまで現れたことなど、興味深いお話をもとに展示を鑑賞することができました。
ちなみに本校には、ミュシャのデザインを基にした切り絵が飾られています。10年ほど前に美術部が文化祭の展示として制作したもので、現在は体育館前の廊下にあります。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ