学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > カナダスタディツアー 現地レポート

2018.05.17
カナダスタディツアー 現地レポート
高校2年生が修学旅行「カナダ・スタディツアー」 に、5月9日(水)から5月16日(水)まで、6泊8日の日程で出かけています。静岡英和女学院の創立に関わるカナダを訪れ、その文化・自然・生活を体験学習します。現地では、カナダの高校を訪問し一日体験やホームステイを通して、カナダの人々とのコミュニケーションを図り、国際感覚を身につけます。様々な形で異文化に触れることによって、日本の文化や生活を見つめ直し、世界に通じる自己の確立を目指すのが目的です。

今回のスローガンは、「14U one for you」 です。
現地レポートでは、カナダから届く写真や便りをお伝えしていきます。
1日目
バンクーバー国際空港に無事到着!
この日は、空港からバスでSwartz Bayへ行き、フェリーでビクトリアへ移動。生徒たちは長旅で少し疲れているようでしたが、ホストファミリーにあたたかく迎えられ、元気にホームステイを開始しました。
2日目

この日は、ダンカンクリスチャンスクール(Duncan Christian School)で授業体験や文化紹介交流を行いました。
3日目

この日はビクトリア大学を訪問し、キャンパスセンターで大学生のガイドとインストラクターのみなさんの案内でキャンパスツアーを行いました。その後「花の街ビクトリア」を象徴する広大な庭園、ブッチャート・ガーデン(Butchart Gardens)へ行きました。
クラス写真を撮影後、アフタヌーンティの昼食をとり、班ごとにブッチャードガーデンを自由散策。写真を撮ったりアイスクリームを食べたりと、美しい園内でのんびり♪ショップでお土産を熱心に見ている生徒もいました。
5日目
昨日と同様に大変暑い1日でした。例年より7度以上気温が高かったそうです。
この日は、ビクトリア・クリスチャン・リフォームド教会での礼拝に参加。あたたかく迎えていただき、カナダ国歌「O Canada!」、「Angels Carroll」の2曲の合唱を披露し、大きな拍手をいただきました。また、メイプルプログラム(カナダ5か月留学)中の生徒たちが教会を訪れ、久しぶりの再会を喜びました。
午後はバスでインナーハーバーへ移動。ビクトリア州議事堂で集合写真を撮影しました。
その後、ビクトリア市内での班別研修。ダウンタウンで自由行動を行い、たくさん買い物をしました。5月13日は「母の日」でしたので、ホームステイでお世話になっているホストマザーに花を購入している生徒もいました。
6日目

この日は、ホストファミリーとお別れの日でした。集合場所の教会では車が到着するたびに抱擁があり、5日間の滞在の感謝の気持ちを伝えていました。
その後、バスとフェリーでバンクーバーへ移動。船内のカフェでコーヒーを購入したり、往路は寒くて出られなかった甲板に出て、名残惜しそうに周りの景色を楽しんでいる生徒もいました。
午後は、ノースバンクーバーにある人気観光スポット「キャピラノ吊り橋」へ。キャピラノ川に架かる長さ140m、川からの高さは70mの吊り橋ですが、ほとんどの生徒が渡り、公園内にあるたくさんのアトラクションを短い時間の中で楽しんでいました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ