学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 1年留学便り 9月

2017.09.27
1年留学便り 9月
カナダ、ヴィクトリアにある、セント・アンドリュース・リージョナル高校(St. Andrew's Regional High School)に留学している高校2年の生徒から届いた便りを紹介します。
私は、学校から少し離れたところでホームステイをしています。ホストファザーには仕事の関係上お会いしたことはありませんが、ホストマザーのRoseさん、料理が得意で、毎日素晴らしい料理を作ってくださいます。娘さんに日本の名前をつけたくらい日本が大好きです。ホストシスターのKiokoさん。大学生でモデルの仕事もしています。また、日本が大好きで、お寿司など日本の料理が作れます。そして、一緒にホームステイをしているAnaさん。grade 11で私と同い年です。彼女と日々英語を頑張って勉強しています。みんなとても優しく、英語がままならない私でも、気軽に話しかけてくれます。

5日間のオリエンテーションも終わり、いよいよ学校生活がスタートしました。学校にはバスで通っています。日本とは、だいぶ授業形式が異なり驚くことがたくさんありました。ほとんどのクラスが10人くらいの少人数で、授業ごとに生徒が教室を移動します。Drama Film(映像)やAccounting(経理・簿記)など海外ならではの授業もあり、新鮮でした。もちろん、全ての授業が英語なので大変なこともたくさんあります。慣れないことばかりです。しかし、その分やりがいも感じています。宿題やわからないことがあれば、放課後に丁寧にサポートしてくださいます。もしものことがあった時にも、VIECのオフィスにはビクトリアに滞在している日本人女性のスタッフの皆さんがいらっしゃるので、安心して留学生活を過ごせます。

今月は、welcome パーティーやTerry Foxのチャリティーマラソンに参加しました。10月には、ボランティアやハロウィンがあるので楽しみです。

吉井優希

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ