学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 中2 ESG(英和総合学習)

2016.11.15
中2 ESG(英和総合学習)
本校が取り組んでいる英和学カリキュラムの中で、中学校では学年ごとに目標を決めESG(英和総合学習)を行っています。中2では「地域について考える」をテーマに、静岡県の県庁所在地である静岡市がどのような課題や問題を抱えているか調べています。
9月に静岡市の方に学校にお越しいただいてお話を伺い、静岡市が抱えている問題の一つである人口減少の現状を知り、どのような解決方法があるか考えました。
<この授業の様子は9月15日(木)の静岡新聞に掲載されました>

その後、各自でそれ以外にどのような課題や問題があるのか、具体的な現状や原因について調べ考えました。次にグループに分かれて話し合い、自分たちが興味・関心をもったテーマを選択、更に掘り下げて調べました。
そして、11月15日から班ごとの発表が始まりました。
この日発表した班は以下のテーマを選び、それぞれの問題の原因と解決策を考えました。

1班:富士山の噴火について 2班:静岡市人口減少
3班:高齢化について    4班:地震について

学年主任の先生からは、自分が住む地域の課題に興味を持って考える事は、明るくよりよい社会・世界を作る上で欠かせないことです。先日のアメリカ大統領選挙への関心が高かったように、みなさん一人ひとりが真剣に考える一歩としてほしいと思います、とお話がありました。

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ