学院生活
先生日記

HOME > 学院生活 > 先生日記一覧 > 留学生便り10月

2016.11.08
留学生便り10月
カナダの姉妹校「バルモラル・ホール・スクール」に留学中の、高2の小杉さんより届いた留学報告を掲載します。月1回のペースで現地よりお便りが届きますので、お楽しみに♪
こんにちは。10月のカナダでの生活を報告させていただきます。

今月は、とても沢山の行事がありました。
まず始めに、「Girls for the cure」という行事がありました。これは、癌の治療の研究に必要なお金を集めるために歩くというもので、私が通っているバルモラルホールスクールでは、中高生が小学生とそれぞれペアを組み、行列になって、長距離を歩きました。私は小学3年生の子とペアになって歩きました。予想以上に疲れましたが、少しでも癌の治療に貢献できたことを、嬉しく思います。
次に、朝早くに行われた、市民マラソンのボランティアに参加しました。これは、マラソンコースの中にある給水地点に立ち、走っているランナーに飲み物を渡すというボランティアでした。
この時は10月の始めだったのですが、朝はとても寒く、ダウン、マフラーに手袋という、真冬のような格好でボランティアをしました。しかし、飲み物をランナーが受け取ってくれるのがとても楽しくて、寒さを忘れてひたすら渡していました。これから、様々なボランティア活動に参加したいと思います。
また、今月は、生まれて初めてホッケーの試合を観ることができました。バルモラルホールスクールは、ホッケーに力を入れており、シーズンになるとあちこちで試合をやっているのですが、この日はウィニペグでの試合だったので、観に行きました。バルモラルホールスクールはとても強く、9対1で、圧勝でした。普段一緒に授業を受けている友達も何人か試合に出ており、頑張っている姿がかっこよく、素敵で感動しました。また機会があれば観に行きたいです。
そして、今月の一番のイベントは、なんといってもハロウィンです。月曜日で普通に学校はあったのですが、生徒も先生も仮装をして一日を過ごしました。みんなとても仮装にこだわっていて、見ているだけでも楽しかったです。休み時間には、先生一人ひとりの所を回って、お菓子をもらったり、友達と写真を撮ったりして楽しみました。また、夜には近所の家を回って、「Trick or Treat!」と言って、お菓子を食べきれないほど集めました。この日は一日中パーティーのようで、とても楽しかったです。
ウィニペグでは、もうすぐ雪が降りそうです。静岡は雪が降らないので、今からとても楽しみです。
                                   小杉 雅
◆ 留学生便りバックナンバー 9月

英和女学院 中学校・高等学校

ページトップへ